一戸建てを買おうと思ったとき、選択肢は2つあります。
一つは注文住宅。そしてもう一つは、建売住宅です。
しかし、この2種類のどっちがいいか判断するのは非常に難しいと思います。
そんな難問に答えられるように、今回はそれぞれの概要をお伝えした後、いくつかの質問を通じてそれぞれの特徴を解説します。大阪市に住みたい方は必見です。
■注文住宅って?建売住宅って?
注文住宅と建売住宅という言葉は知っていても、それぞれの定義について説明してほしい、と頼まれると困ってしまう方も多いのではないでしょうか。
注文住宅とは、建物を建築士に設計してもらい、施工会社と建築工事請負契約を結んで家を建ててもらう方法のことです。
その土地によっては施工会社が指定されている場合もあります。
一方、建売住宅は、文字通り、すでに建っている建物を売ってもらうという方法です。
建築済みであるケースがほとんどですが、建物が未完成の場合もあります。
■じゃあ注文住宅と建売住宅はどっちがおすすめなの?
注文住宅と建売住宅を様々な質問を通じて比較していきます。
⒈ 価格の面ではどっちがいいの?
価格が明確に分かるのは建売住宅です。
(土地と建物と諸費用の明確な金額はわからないこと、仕様が明確でないことが非常に多い)
一度商品になっている住宅を購入するということになるため、価格がわかりやすいです。
そして、一度にたくさん建てられ、規格化された建売住宅は、多くの場合割安感があります。
(建売は利益優先事業主が多いので、建物のコストは限界までコスト削減している ため質は2の次が
 圧倒的に多い)
もっとも、個別に建てられている場合は、注文住宅と大差ありません。
注文住宅は、確かに費用がかかりますが、要望を伝えることができるため、予算の範囲内に収めることも可能です。
⒉ デザイン・間取りにこだわりたいなら?
圧倒的に注文住宅がおすすめです。注文住宅は、家のすべてを自分で考えることが可能です。
家のデザイン・家の間取り・家の材質等々、せっかく家を買うなら一つ一つこだわって建てたいと考える方も多いですよね。
そうしたこだわりをお持ちなら注文住宅がおすすめです。
建売住宅は未完成であっても、間取りやデザインは基本的に決まっており、要望を通すことは難しいです。のちにリフォームを考えるような場合も注文住宅に軍配が上がります。
⒊ 安心感があるのはどっち?
建売住宅はすでに完成しているので施工プロセス、見えないところのおさまり、仕様が判らない。
基礎工事、構造 断熱など建築の過程を見ることはできませんので建物の質には不安が残り事が多い。
段階を一つ一つ確認したいなら注文住宅がおすすめです。
■まとめ
今回は注文住宅と建売住宅の違いについて検討しました。参考にしてみてください。

日ごろより夢工房をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

どんなご質問もLINE@で、夢工房スタッフが丁寧にお答えいたします^^
お役立ち情報やお得な情報等も無料で配信いたしますので、
ぜひ「友だち追加」を押してくださいね♪
自然素材と無垢材の家づくりは、夢工房へお任せください☆

夢工房のLINE@(ID検索の際は、@をお忘れなく)
@nsa9105a


友だち追加