モルタル壁にサイディング…一口に外壁材といっても、様々な種類の外壁材が存在します。
そのため、いざ注文住宅を検討し始めると、「外壁の材質を決めるのに時間がかかってしまった」なんて方も多いのではないでしょうか。
今回は、そとん壁という外壁材をご紹介します。
そとん壁はシラスから出来ている外壁材で、素材由来の豊富なメリットゆえに、近年注目を集めています。
そんなそとん壁のメリットの一つは耐久性です。
そのため、メンテナンスの必要性についても合わせて解説します。
■そとん壁とは
そとん壁とは、シラスから出来ている外壁材です。
ここでいうシラスとは小魚のことではありません。
シラスとは、南九州に多く分布している細粒の軽石や火山灰のことです。
サラサラしたシラスは水持ちが悪いため、水田には向きません。
そして、豪雨の際には土砂崩れの原因にもなります。
こうしたことからシラスは、地元住民の悩みの種となってきました。
しかし、現在、シラスは外壁材の素材として注目を集めているのです。
■そとん壁の耐久性
そとん壁のメリットの一つにその耐久性があります。
シラスが原料であるため、そとん壁は長寿命とされています。
その証拠に、シラスが使われている歴史的建築物が挙げられます。
まず、イタリアのローマに、パンテオン神殿という建築物があります。
そして、このパンテオン神殿は、シラスと同じ火山噴出物から出来ています。
他にもエジプトのピラミッドに使われた古代コンクリートにもシラスは含まれています。
こうした建築物が現存しているという事実は、シラスの高い耐久性を証明しているといえます。
また、そとん壁は、着色にも天然の鉱物顔料を使っているため、紫外線に強く、色あせとも無縁です。
■そとん壁のメンテナンス
ここまで読み進めると、いくら耐久性が高いといっても、「頻繁にメンテナンスをするという条件」付きでしょう?そんな風に考える方もいるのではないでしょうか。
しかし、そとん壁は、汚れが目立ちにくい色であること、静電気が発生しにくいためホコリを吸着することもないことから、日常的に頻繁にメンテナンスする不要はありません。
メーカーも25年間メンテナンス不要と公表しています。
そして、25年が経過した後は、高圧洗浄を行えばいいようです。
軽い汚れがついた場合は、激落ち君といった市販のメラミンフォーム製スポンジを使えば落とせます。
シミがついた場合も、雑巾と霧吹きで対処することが可能です。
また、外壁にはしばしばカビが発生しますが、火山灰であるシラスには栄養分がないため、カビが発生することもほとんどありません。
■まとめ
今回はそとん壁の耐久性とメンテナンスについてご紹介しました。
そとん壁は、耐久性も高く、メンテナンスも原則不要という、ランニングコストの観点から高く評価できる外壁材です。ぜひご検討ください。

日ごろより夢工房をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

どんなご質問もLINE@で、夢工房スタッフが丁寧にお答えいたします^^
お役立ち情報やお得な情報等も無料で配信いたしますので、
ぜひ「友だち追加」を押してくださいね♪
自然素材と無垢材の家づくりは、夢工房へお任せください☆

夢工房のLINE@(ID検索の際は、@をお忘れなく)
@nsa9105a


友だち追加