家を建てる前に、かかる税金を知ることはとても重要なことです。お家にかかる税金の種類は多く、蓋を開けてみれば「こんなに費用が膨らむなんて」といったこともあります。まずはどんなものがあるのかを知り、それから課税を軽減できないか吟味していきましょう。

そこで今回、お家にかかる税金の種類を6つご紹介します。

・消費税

モノやサービスを買うときにかかる消費税は、住宅を購入する際にもかかります。

課税されるのは新築や一戸建ての「建物自体にかかるお金」になり、土地代金、ローン保証料、火災保険料、生命保険料等には課税されません。また注文住宅の際、注意して頂きたいことは建設工事費や設計料にも消費税が課されます。

加えて2019年10月以降に消費税が8%から10%に引き上げられるとされているので、住宅購入をお考えの方は計画的に進めましょう。消費税に関しては、増税負担を軽減するために「すまい給付金」制度があるので、是非一度目を通してみて下さい。

・印紙税

印紙税とは、住宅の売買契約書や住宅ローンの契約書などを交わすときに、契約書にかかる税金です。契約書によって税額が決まり、一つにつき二通ある契約書のうち、一通分を建て主が払います。

・登録免許税

登録免許税とは、土地や建物、権利等に関わる登記をする際にかかる税金です。税額は登記の種類ごとに異なり、場合によっては軽減措置もあります。床面積が50m²以上の住宅にかかる登記の場合、要件を満たすことで住宅が所在する市町村区長の証明を受けると軽減税率が適用されます。

・不動産取得税

不動産取得税とは、不動産を取得したときに支払う税金になります。固定資産税評価額に対して原則として税率4%を乗じた金額が税額となります。新築でまだ固定資産税評価額がつけられていない建物には、都道府県が固定資産税評価額を算出する基準に基づいて、建物の評価額を計算することになっています。

・固定資産税

固定資産税は、土地や建物を所有しているとかかる市町村税になります。固定資産税は毎年かかる税金です。

・都市計画税

都市計画方に定められた市街化区域内などに住宅を所有している場合にかかる市町村区税で、固定資産税と同じく、所有していると毎年かかる税金です。固定資産税の課税通知書に記載されていますので、併せて納めることになります。

 

軽減税率は、お住まいの地域によって変わりますので、しっかりとお確かめ下さい。

注文住宅の税金について、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

日ごろより夢工房をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

どんなご質問もLINE@で、夢工房スタッフが丁寧にお答えいたします^^
お役立ち情報やお得な情報等も無料で配信いたしますので、
ぜひ「友だち追加」を押してくださいね♪
自然素材と無垢材の家づくりは、夢工房へお任せください☆

夢工房のLINE@(ID検索の際は、@をお忘れなく)
@nsa9105a


友だち追加