みなさんは自然素材住宅というものを知っていますか?

自然素材を用いることでより住む人が安心して住めるような住まいのことを言います。

なぜ、いま自然素材住宅が注目されているのでしょうか?

~自然素材の家が注目されるようになった経緯~

高度成長期から日本の家づくりは急ピッチで合理化・低コスト化が進みましたが、その裏で様々な弊害が生まれました。

なかでも深刻なのが、「シックハウス症候群」や「化学物質過敏症」と言われるものです。

これらは、化学接着剤を使ったビニールクロスや合板フローリング、塩化ビニールシートなど、化学物質を含んだ建材が原因になっていると言われています。

木や土、草といった自然素材でつくられた昔の日本の住宅では、シックハウス症候群や化学物質過敏症の心配はありませんでした。

こういった症状(病気)の原因が、住まいに使われる建材であることが明らかになると、昔のような自然素材を使った家(化学物質を使わない家)の価値が見直されるようになったのです。

◯シックハウス症候群とは
シックハウス症候群とは、一般的に新築(リフォーム)したばかりの家に住みはじめたのをきっかけに目がチカチカしたり、頭痛がしたりする症状のこと。

上述のとおり、原因は合板やビニール壁紙、集成材や化学接着剤、化学塗料といった有害物質を含む建材にあると言われています。

建材に含まれる有害物質は時とともに揮発し、室内の空気を汚染していきます。特に最近の住宅は気密性が高いため、汚染された空気が室内に溜まりやすく、結果としてシックハウス症候群を引き起こすのです。

シックハウス症候群と似た症状を引き起こすものに、「化学物質過敏症」があります。シックハウス症候群は有害物質が含まれる建材が原因とされていますが、建物から離れたり、有害物質を取り除いたりすれば症状は出なくなります。

一方で、化学物質過敏症はより症状が重くなり、直接原因となっている化学物質以外にも過敏に反応するようになり、建物から離れた場所でも様々な化学物質に影響を受けて症状が起こるのが特徴です。

有害物質を含む建材を一切使わない自然素材の住まいは、シックハウス症候群や化学物質過敏症への対策としてだけでなく、エコの側面でも大きなメリットがあります。

自然素材には、人体に悪影響を及ぼす有害物質は含まれていませんが、自然素材ゆえの欠点もあります。

自然素材住宅をお考えの方は、メリットだけでなくデメリットも押さえたうえで納得のいく住まいを建てるようにしましょう。

日ごろより夢工房をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

どんなご質問もLINE@で、夢工房スタッフが丁寧にお答えいたします^^
お役立ち情報やお得な情報等も無料で配信いたしますので、
ぜひ「友だち追加」を押してくださいね♪
自然素材と無垢材の家づくりは、夢工房へお任せください☆

夢工房のLINE@(ID検索の際は、@をお忘れなく)
@nsa9105a


友だち追加